トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

K-1MAX

時が立つのは早いもので、もう1月も終わりですね。そう考えると修士課程の2年はあっという間に過ぎてしまう気がします。そのためにも、今からしっかりと目標を立ててやっていきたいと思っております。

まずは家族心理comのインフォメーション。3月19日にシンポジウム、3月中旬以降に明治学院大学の野末先生へのインタビューが予定されています。

さて、今日は今週の土曜日に行われるK-1MAXについてちょこっと。今年の日本代表決定トーナメントは、ニューフェイスが多数参戦するようですが、僕は、TATSUJIが結構行くんじゃないかと予想してます。ボクシング技術も優れていますし、キックの威力もそこそこ、なんと言っても心身ともに打たれ強そうに見えるからです。後は、いかに効率よく3試合勝ち抜くか、確かな戦略も要求されますね。ともあれ要チェックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

DEEP PURPLE

今日は、家族心理・家族療法研究会での発表論文のまとめなどをしておりました。今回は社会心理学研究から2本発表しようと思っています。詳細は「論文」にアップしますのでお楽しみに。

ところで、僕は大の音楽好きで、タワーレコードのキャッチコピーである「NO,MUSIC NO,LIFE」は、僕のことを表しているじゃないかと思ったりしてます(大袈裟ですが)。

そんなわけで、ほとんど自宅では音楽を流して作業をしているわけですが、今日はDEEP PURPLE。もちろん昔から知っていたのですが、今までじっくり聴きこんだ事はありませんでした。きっかけは、大ファンであるDREAM THEATERが今年の来日公演でDEEP PURPLE をカヴァーした事実を知ったことに始まります。「それは聴かねば」と。

聴いたのは30周年のベスト版。「Highway Star」、「Smoke on the Water」「Burn」などの超有名曲もさることながら、「Knocking at Your Back Door」にハマりました。リフがカッコイイ・・。これからじっくり聴きこもうと思います。

ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル

アーティスト:ディープ・パープル
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2000/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

齋藤暢一朗先生と青春アミーゴ

昨日から始めたブログですが、だいぶ仕組みもわかってきました。コンピュータ関係は結構得意かも。

このブログは、niftyの「ココログ」というもので、あのブログタレント(微妙な表現ですが・・・)の眞鍋かをりさんが宣伝をしております。「目指せ!眞鍋かをり」とまではいきませんが、多くの方に見ていただけるようにマメに更新していくつもりです!

まずは、「家族心理.com」のインフォメーションから。心理系ブロガーの大御所、ロテ職人さんの他、多くの方々に取り上げていただいたガチンコ大学院予備校講師の松井博史先生による「家族系大学院に進みたいあなたへ」に続き、同予備校講師の 齋藤暢一朗先生による「臨床系の大学院について」が新たに登場しました。これから受験をされる方だけでなく、入学が決定している方、院生の方にも大変参考になる記事となっています!

唐突ですが、修二と彰の「青春アミーゴ」って耳に残りますよね?歌謡曲っぽいのがいいのか、頭から離れません。。ジャニーズって売り方うまいな・・・。

青春アミーゴ (通常盤) 青春アミーゴ (通常盤)

アーティスト:修二と彰,山下智久,亀梨和也
販売元:ジャニーズ・エンタテイメント
発売日:2005/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年1月28日 (土)

ブログ始めました。

 「冷やし中華始めました」みたいなノリですが、管理人である生田先生の提案で開設させていただくことになりました。

 さて、僕が「家族心理.com」の更新作業を担当するようになってから早3ヶ月、家族療法家の先生方へのインタビュー、記事の作成など貴重な経験をさせていただいております。また、だいぶネットに詳しくなってきた気がします。今では、mixiにも参加しています。これも先生のおかげですね、感謝しています。

 mixiと日記を分けようかとも思ったのですが、一本にしました。今まで、コメントくださった皆様、今度はこちらへお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »