« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

ブログの面白さ

Jp 2月も最後ですね。ブログを始めて約1ヶ月、今日まで1日も休まず更新してきました。思い返せば、大学1年のときに日記をつけ初め、わずか2週間で挫折したことを考えたら、我ながらすごいことだなと思っています(笑)

理由は2つあると考えています。

まず、ブログがインターネットを通して数多くの方に公開されていることで、多くの方に見てもらいたいという強い動機づけが喚起されるから。そして何よりもこのブログを見てコメントをくださる方がいるということでしょう。

加えて、TB機能や相互リンク、アフィリエイトサービス等のオプションもブログを続けていく上での大きな要因となっていますね。

というわけで、今後とも「家族心理.com」、リレーション・バンクをよろしくお願いいたします。

ちなみに、上記の画像はMETALGODことジューダス・プリーストのBritish Steelのジャケット写真。いい感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

メタルな芸能人

日々音楽を聴いていて、「あれ、この人の声、雰囲気はメタルだな~」って思うことがあります(笑)

というわけで、メタルな芸能人3人を挙げてみました。

①松崎しげる(「愛のメモリー」でのハイトーンボイス、なぜかアイアン・メイデンのブルースに声質が似ている気がする・・・)

②小田正和(言わずと知れた美声の持ち主、しかし体力面で難ありか?)

③八代亜紀(メタル魂inJapan、「ヘビメタさん」でのマーティとのコラボが最高だった!)

結構面白いかもしれません。もしよろしければ、皆さんも考えてみてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

Van Halen

Images 気分を高揚させたいときにオススメするアルバムがVan Halenヴェリー・ベスト・オブ・ヴァン・ヘイレン」。

Van Halenについては、「JUMP」しか耳にしたことがなくバンド自体あまり詳しく知らなかったのですが、このアルバムを聴いて虜になりました。

ベストアルバムということもあるでしょうが、どれも素晴らしい曲ばかりでかつノリの良いハッピーな感じという印象を受けました。しかし、現在までボーカルがDavid Lee Roth→Sammy Hager→Gary Cheroneと交代してきており、本アルバムで誰がどの曲を歌っているのかが分からないため、少々消化不良ですが(笑)。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、コメントをいただけると嬉しいです。

ブログExchange

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年2月25日 (土)

嬉しい知らせ

昨日、ガチンコ大学院予備校で共に勉強していた友達のT君から、某臨床心理士指定大学院に合格したとの連絡が。、僕自身が苦しい受験生活を経験したこともあり、彼の多大なる苦労が余計に感じられ、自分のことのように嬉しかった。

「最後まで諦めない」 これが大事ですね!

<「家族心理.com」からのお知らせ>

3月初旬に東京学芸大学の大河原美以先生へのインタビューが決定いたしました。記事がまとまり次第、随時更新していきますのでご期待ください。

ブログExchange

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

白蛇再び・・・

Photo_1 このところ音楽CD/DVDを買い漁っており、来月の引き落とし額が少々気になり始めているのですが(笑)、僕にとって音楽は生活必需品なので良しとしましょう。。

今日は、以前紹介したWhitesnakeの新作DVD/CD「Live in the Still of the Night 」に注目。

若かりし頃のカヴァーデイルしか知らなかった僕には衝撃でした!54歳にして全盛期に勝るとも劣らないハリのあるヴォーカルと軽い身のこなしに圧倒されること多数。また、バンドの演奏も素晴らしく、観客もそれに応えます。非の打ち所がありません。

セットリストもDEEP PURPLE時代の「burn」、珠玉のパワーバラード「Is this love」、現在アサヒビールのCMでもおなじみ「Here I Go Again」(歌っているのはカヴァーデイルではありませんが)などファンには嬉しい内容になっています。

5月の来日公演が非常に楽しみです!

ブログExchange

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月23日 (木)

「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FUSE OF LIVE」

Dvd すっかりメタルブログ(鋼鉄日記とでも訳されましょうか)となっていましたが(笑)、邦楽もしばしば聴いています。中でもデビュー当時から好きで聴いているのが倉木麻衣ちゃん。

昨日、新作LIVEDVD「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FUSE OF LIVE」が発売されまして、昨晩から観ているわけですが。

一通り観ての感想は「成長しているな~」ということ。100公演以上の経験を積むなかで歌唱力(主に声量)やステージパフォーマンスが格段にレベルアップしていました。

今回のステージはそれほど派手ではないですが、どの曲も1フレーズに感情を込めて丁寧に歌う姿は非常に心に染みますし、輝きを放っています。

また、特典DVDでは1つ1つの公演にベストを尽くし、ファンやスタッフに感謝の言葉を何度も述べる彼女の素晴らしい人柄を伺い知ることができます。

ぜひ、多くの人に観ていただきたい作品ですね!

ブログExchange

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2006年2月22日 (水)

DREAM THEATERpart2

Ready_to_leave_06 DTのブートが届きました!1月12日東京公演(初日)収録されています。東京公演初日は、僕も参加した日(初DTライブ)だったため、購入してみました。

ワクワクしながら、再生ボタンを「ポチ」。・・・結構音がいいじゃないですか~!ライブ会場の良さを残しつつ臨場感溢れるヘヴィなサウンドが鳴り響きます。ヴォーカルのラブリエは神が降りたかのような絶好調ぶり、演奏もいい感じです。

本公演のウリは何といっても24分にも及ぶ大作「OCTAVARIUM」でしょう。同じく大作の「A Change of Seasons」に引けをとらない壮大な曲で、聴くたびに新たな発見ありますね。

さすがDT!

ブログExchange

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

NHKスペシャル 「気候大異変」

録りためておいた全2回の「気候大変異」を見ました。深刻な温暖化の防止が叫ばれるなか、大変だとは分かっていましたが、こんなにも多様で広範な影響が出てくるとは予想もできませんでした。。

以下、HPからの引用

第1回:「異常気象 地球シュミレーターの警告」

「去年、米国史上最悪の被害をもたらした巨大ハリケーン・カトリーナ。地球温暖化が原因ではないかと考えられている。将来、温暖化は人類に何をもたらすのか。世界屈指の計算速度を誇る日本のスーパーコンピューター「地球シミュレータ」は、私たちの未来に横たわる危機を子細に予測している。百年後、世界のCO2濃度は倍増し、気温は最大4.2度上昇する。東京は奄美大島付近の気温になり、真夏日の日数は100日以上に増加。正月は紅葉の真っ盛り・・・。気温の上昇は世界中で熱波による死者の増加という突然の災害をもたらす。一昨年、ヨーロッパに3万人を超える死者をもたらした熱波は、まさにその予兆だったと考えられている。さらに温暖化は、極端な気象災害をもたらす。台風やハリケーンなどの熱帯低気圧は巨大化する。カトリーナ級の台風が本州を襲い、暴風による被害が激増。
 異常気象に翻弄(ほんろう)される現在の世界をルポしながら、「地球シミュレータ」の詳細な計算結果をもとに、コンピューターグラフィクスを駆使し百年後の地球の姿を映像化する。」

特筆すべきは、そのシュミレーターの予測精度の高さ。過去の気象状況と比較した映像には、台風の発生地域・規模ともにほぼ正確に予測していました。カトリーナ級の台風が本州に上陸したらひとたまりもないでしょう。

第2回:「環境の崩壊が止まらない」

「去年、スペインと南米アマゾンを数十年ぶりの記録的な干ばつが襲った。「地球シミュレータ」の計算によれば、これは未来の地球の姿の予兆である。百年後、地中海沿岸では耕地の乾燥化が進み、アマゾンにはアラビア半島の面積を超える広大な砂漠が出現するという。第2回は、今後百年間に予測される、温暖化による生態系と人類への影響を探る。
温暖化は、世界の食料事情を激変させる。日本では、北海道で稲の収量が増加するが、他の地域では減少するため全体では10%の減収となる。リンゴの生産適地は本州から北海道へと移動し、西日本の太平洋側で生産されるミカンは、本州内陸部と日本海側で作られるようになる。また、死をもたらす熱帯病のデング熱が徐々に拡大してきているが、百年後には九州南部や米国南部が感染危険地域に入る。海面上昇が進めば、今世紀末には2億6千万もの人々が環境難民になる可能性がある。こうした悲劇を避けるには、どうすればよいのか。シミュレーションによれば、温室効果ガスの排出量を2050年に世界全体で50%削減しなければならない。果たしてそれは可能なのだろうか。」

温暖化による深刻な事態には、デング熱を始めとする感染症の拡大、海面の上昇が引きこすとされる環境難民の出現、そのことに起因しうる紛争の激化などなど。問題が山積。

温室効果ガスの削減のための京都議定書にはまだ、最大の排出国であるアメリカが同意せず、開発途上国からの反発も。

温暖化を扱った番組としては、とても良質な番組だったと思います。

ブログExchange

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

音楽療法とIRON MAIDEN

ネットサーフィンをしていたら、面白い記事が。

アイアン・メイデン、音楽療法団体から表彰される

記事は約2年前のもの、ちょっとビックリ。特別功労賞を受賞したというものですが、受賞理由がイマイチはっきりしない模様。音楽療法についてはまだ詳しく知りませんが、意外ですね~。

「アカデミックでマジメな音楽療法センターと、過激な歌詞とサウンドが売りのブリティッシュ・ヘヴィメタルの雄アイアン・メイデンの組み合わせは、なんともユニークだといえるだろう。」

ホントですね~。しかし、何よりも具体的な受賞理由が知りたいな。

ブログExchange

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

DREAM THEATERpart1

Tyrannyさんのブログ「撃墜王への道」で「The Root Of All Evil」(DREAM THEATER)の話題が出ていたので、今日はDREAM THEATERついて熱く紹介!

DTの詳細についてはココを参照にしていただければバンドの全体像を知ることができるでしょう。僕の大好きなバンドの1つです。

ん・・気になる記述が。。

ジェイムズ・ラブリエ(Kevin James LaBrie) パート: ボーカル

「フロントマンでありながらバンドの中で最も存在感が薄い。実際、"歌う"という以外の音楽的インプットは皆無に等しい。これは本人の意思と言うよりも他のメンバーの意向によりそうなっているようだ。事実、インタビューでジェイムズのソロアルバムについて尋ねられたメンバーは好きではないと言う様なことを答えている。かつてBURRN!誌のインタビューで広瀬和生編集長に「あなたは正式なメンバーですか?それとも雇われですか?」と聞かれたことに関して、広瀬編集長に対する怒りのコメントをWEBサイト上で発表したことがあった。ボーカル以外ではタンバリンなどの楽器を使うシーンが見受けられたが、2005年より若干のキーボードプレイも見受けられる。ハチミツをお湯に溶かした飲み物で調子を整えている事でも有名。 」

まず、

「フロントマンでありながらバンドの中で最も存在感が薄い。実際、"歌う"という以外の音楽的インプットは皆無に等しい。

おいおい・・それは言いすぎじゃ・・。確かに、歌パート以外は、ステージ脇にはけているか、タンバリンを叩いている程度だが、あの声量、美声の持ち主はそうはいないと思うのですが。

また、

「ハチミツをお湯に溶かした飲み物で調子を整えている事でも有名。 」

なぜにこれを書いたか不思議なんですが(笑)。確かに飲んでますね。それにしても「~でも有名」って面白い!

話がそれましたが、僕がDTを始めて耳にしたのが3年前、「Train of thought」からでした。プログレ自体聴いたことがなかったですから、それはもう衝撃でした。へヴィでありながらもドラマチックな曲展開、超絶ユニゾンプレイ、美しいハイトーンボイス。「こんなにすごいバンドがいるんだ」と。

その後、CDを買い漁りますますハマっていくわけですが、DTを語る上で欠かすことができないアルバムが「Metropolis Part 2: Scenes from a Memory 」。これぞ大作と呼ぶにふさわしいコンセプトアルバム!これはもう映画ですよ。実際ライブで映像を交えて完全再現されましたが、1曲(1シーン)ごとに情景が想起され、いつのまにかその物語に引き込まれる感覚すら覚えます。

そんなプログレメタル界の頂点に君臨するDTのオススメの1曲が「ANOTHER DAY」。バラードでプログレではありませんが、ラブリエの美声とペトリルーシの哀愁感漂う泣きのギターと感情豊かなサックスが絡み、非常に美しく壮大です!

まだまだ書きたいことは沢山あるのですが、今回はこの辺で。

ブログExchange

メトロポリス・パート2 : シーンズ・フロム・ア・メモリー Music メトロポリス・パート2 : シーンズ・フロム・ア・メモリー

アーティスト:ドリーム・シアター
販売元:イーストウエスト・ジャパン
発売日:1999/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (13)

2006年2月18日 (土)

モッツァレラトマト

Tomato 「サイゼリヤ」でご飯を食べたのですが、毎回頼む品がこの「モッツァレラトマト」。なぜか病みつきになるんですよね~。オリーブオイルがかかっているのですが、これが合うのかな。

ファミレスとしては値段がお手ごろで学生にはいいですね。

ブログExchange

| | コメント (24) | トラックバック (2)

2006年2月17日 (金)

The Final Countdown

2月も下旬にさしかかり、心理系大学院の春入試の時期になりました。僕は幸運にも今年度の秋入試でパスすることができましたが、決して平坦な道のりではありませんでした。極度のストレスから、吐きそうになりながらひたすら勉強してたのを昨日のことのように思い出します。そのような中、「音楽」は僕の活力源でした。今日は僕が受験時期に良く聞いていた曲を紹介します。

まずは、

The Final Countdown Music The Final Countdown

アーティスト:Europe
販売元:Sony
発売日:2001/08/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Europeの「The Final Countdown」。これは、皆さん一回は聴いたことがあるかと思います。最初の印象的なシンセ・リフを聴いただけでやる気が沸いてきますよね。試験会場に向かう電車の中ではリピートで流しっぱなしにしてました。これが効くんですよ、結構。

また、

偉大なるエディー~グレイテスト・ヒッツ Music 偉大なるエディー~グレイテスト・ヒッツ

アーティスト:アイアン・メイデン
販売元:東芝EMI
発売日:2002/11/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おなじみ(笑)、IRON MAIDENの「The Wicker Man」。試験への緊張も軽く吹き飛ばす、攻撃的なリフに一気に士気も高まります。特に「your time will come!」のシャウトには、根拠のない自信がふつふつと沸いてきます!

勝手なことをつらつらと書いてしまいましたが、試験では「諦めない気持ち」が何よりも大事だと思います。悔いの残らぬよう精一杯頑張ってください!

ブログExchange

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

IRON MAIDEN part2

デス・オン・ザ・ロード(DVD3枚組) DVD デス・オン・ザ・ロード(DVD3枚組)

販売元:東芝EMI
発売日:2006/02/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前、このブログでも紹介しましたIRON MAIDENのLIVEDVD『DEATH ON THE ROAD』。

改めて今日じっくり鑑賞しました。とにかく素晴らしいの一言、その圧倒的なパフォーマンスに完敗でした!MAIDENの偉大さを実感させられましたね~。

また特典DVDが見ごたえ十分!本編よりも長い189分。アルバムのコンセプト、レコーディング風景、メンバーへのインタビュー、ライブスタッフの仕事、ファンへのインタビュー等、とにかくファンにはたまらない一枚ですね。

これから40年、50年と活躍していって欲しいですね!

ブログExchange

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年2月15日 (水)

ネガティブスピルオーバー

家族心理・家族療法研究会でした。それにしても今日は暖かかった。

発表論文は計4つ。どの論文も面白く、議論が深まりました~。

その中でも・・小泉智恵 菅原ますみ 前川暁子 北村俊 2003「働く母親における仕事から家庭へのネガティブ・スピルオーバーが抑うつ傾向に及ぼす影響」 発達心理学研究 14()272283を少し紹介。

以下、「」は引用です。

 「この論文では、働く母親における仕事から家庭へのネガティブ・スピルオーバー(例えば、仕事で忙しいため、家庭でくつろぐ時間が減少すること)が母親自身の抑うつ傾向にどのような過程を経て影響を及ぼすのか、そのメカニズムを検討する事を目的としている。」

「ネガティブ・スピルオーバー」、プロレスの技みたいですが(笑)、働く母親の抑うつへの影響という観点では、日常生活でよく見られる現象ではないでしょうか。ちなみに、「ポジティブ・スピルオーバー」というものもあり、むしろこちらのほうがあまり研究されてこなかったようです。だとしたら、「こちらの概念から研究をしてみたら面白いのに」とツッコミを入れてしまいました。

ともあれ、新しい用語を学べたことは嬉しいですね。

ブログExchange

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

レアチーズケーキと「結婚バトン」

A0091310_4 今日はバレンタインチョコならぬバレンタイン「レアチーズケーキ」を知人のロシア料理とチーズケーキのお店トロイカから取り寄せ、おいしくいただきました。クリーミーで本当においしいです!一度お召し上がりになってみては?

もう1つ話題を。mixiで「結婚バトン」というのが回ってきました。ちょこっとやってみますね~(ちょっと恥ずかしいですが)。

たかしさんからの「結婚バトン」

1.結婚したい?
したいですね~。素敵な人にめぐり合えたら(笑)。でもその前に自分を磨くことが重要ですね。

2.何歳くらいまでに結婚したい?
 30歳までには、なんとか・・・。 

3.結婚相手に求めるものは?  
 思いやり、いたわり、優しさ、笑顔

4.子供は何人欲しい?
2人ぐらいかな。男の子と女の子一人ずつ。

5.相手の浮気が発覚しちゃったらどうする?
まずは話し合いから(笑)

6.夫婦円満の秘訣は何だと思う?
相手のことを思いやる、お互いを認め合う。

   
7.結婚したら仕事辞める?相手に辞めて欲しい?
夫婦共働きが理想かな。

8.結婚生活に求めるものは?

やすらぎ
 
 
9.したい、または されたいプロポーズの言葉は?
 プロポーズする時は、おそらく僕からでしょう。言葉・・・その時の状況で変わると思う。これを言おうというわけではなく、その時の感情が言葉となって出てくることでしょう。
 
10.新婚旅行はどこに行きたい?
のんびりできるところがいいです。

11.将来自分は結婚してるとおもいますか?
おそらく、しているのでは。

12.回したい5人は?
これをご覧になって、やってみたい方はどなたでも。結構真剣に考えちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

『臨床の語用論Ⅰ』

07147042

臨床の語用論I 現代のエスプリ454

販売元:至文堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

数日前に購入した『臨床の語用論Ⅰ』を読んでいたら、花田理欧子先生の「敬語とコンビニとカウンセリング」という興味深い論文が。

語用論的視点から、コンビニ敬語(例えば「1万円からお預かりします」など)のムカムカイライラさせる敬語を文法理論から分析した上で、カウンセリングに役に立つ敬語について助詞・助動詞の観点から述べています。

例えば、

クライエント「(やつれた顔で)子どももやっぱり連れてきたほうがいいですよね・・・?」

カウンセラーA「お一人でいいです」×、B「お一人がいいです」○、など。

確かに、「で」、「が」、一句違うだけで与える影響は違ってきますね。

これまでブログで、あまり文章を気にせず書いていたのですが、これからは気をつけなければならなりません。いや・・・なりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

上村愛子選手

朝起きてテレビをつけると、ちょうどモーグルの上村愛子さんが。アナウンサーの雰囲気が暗いと思ったら、惜しくも5位。。きめ技の3D(コークスクリュー)を習得し満を持しての五輪だっただけに残念でした。歳も近いし、あのモーグルに対する真摯な姿勢が好きでした。でも、まだ若いし次回に向けて頑張って欲しいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

最近

本を読む機会が減っている気がします。というかネットにドップリ浸かっているからだと思うのですがね。。自宅にいる時はほとんどパソコンに向かって同じ姿勢・・・エコノミー症候群になってしまいそうな状況。よろしくないですな、これは。

またジムにでもいこうかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

丸ビルにて

今日は、同志社大学の立木茂雄先生のインタビューに同行させていただきました。先生の現在の御専門は、家族社会学になるため、今までのインタビューとは少し異なった視点からの貴重なお話を伺うことができました。とにかく・・・濃く深いです。こういった活動を続けていると、先生個人のお人柄がインタビューに色濃く反映されるのだなと感じました。文字に起こすとまた新しい発見があるかもしれません。乞うご期待!

ちなみに、インタビューの時は必ずスーツを着ていくのですが、不思議と気持ちが引き締まりますね。「よし、やったるぞ!」、みたいな。服装は気分(mood)に影響を与えますね。『es』っていう映画にもありましたね、こういうの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

IRON MAIDEN part1

179 ついに届きました~、待ちに待ったIRON MAIDENの新作DVD『DEATH ON THE ROAD』!!2度の発売延期を経ての発売です。まだ始めの数曲目しか見ていませんが、なんといっても音、画質が抜群。ドルビー5.1チャンネルで、音が綺麗に分かれており、後方スピーカーからは観客の声援が・・・・。

と、続きを観たいところですが、大事な「家族心理.com」の更新作業が残っていたのでおあずけです。。(近日中にレビューを書きますね)

今日は、シンポジウム情報、講演・ワークショップ情報、そして岡堂先生インタビューの更新を行いました。シンポジウムは生田先生も書かれていますが、素晴らしいものになるのではないかと感じています。期待大です!また岡堂先生のインタビューでは、言葉の一つ一つに何か重みを感じました。

明日は同志社大学の立木茂雄先生へのインタビューです。さあ、どんなお話が聞けるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

【家族心理.com】主催シンポジウム

生田研究室で更新作業をモクモク&皇室の話などで盛り上がりました~。

それにしても紀子さまは品があり素敵だと思います。

さて、来る3月19日(日)に【家族心理.com】主催 第1回シンポジウムが開催されます。詳細はこちらをご覧ください。皆様のご参加をこころよりお待ちしております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

ソリューション・フォーカスト・プレイセラピー

今日は、久々の更新作業を行いつつ、家族療法研究などをパラパラと読んでおりました。その中で、気になった論文を1つ。

金有淑 2004「虐待された児童に対するソリューション・フォーカスト・プレイセラピーの適用」をちょこっと紹介。

筆者は韓国の方で、韓国ではSFBTは1990年からよく使用されてきたが主な対象は成人であると述べています。児童を対象にした場合、治療過程で遊びなどを活用し、児童自身の内面世界や家族関係を表せるように安定感のある雰囲気を提供することが重要であると筆者は述べています。そこで、考え出されたのが、SFBTとプレイセラピーを統合したソリューション・フォーカスト・プレイセラピーなのです。

治療過程の詳細は省きますが、2つのアプローチの良さがうまく発揮されており、SFBTの汎用性の高さを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

WHITESNAKE来日!?

David Coverdale率いる WHITESNAKEが5月に来日するらしい。ソースはココ。Coverdaleのソウルフルで渋いvocalがたまらなく好きなので、もし本当なら嬉しいかぎり!観に行きたいな~。

そんな彼らのベストアルバム。☆5つ、オススメです!

Whitesnake's Greatest Hits Music Whitesnake's Greatest Hits

アーティスト:Whitesnake
販売元:Geffen
発売日:1994/07/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

話題はガラリと変わりますが、3月19日に開催される 「家族心理.com」主催のシンポジウムのテーマが決定いたしました。

「家族心理学研究の最前線-臨床理論・実証研究・臨床実践をつなぐ-

時間は13時から16時、場所は武蔵野大学グリーンホールとなっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

格差社会

『下流社会』という本が売れているようですが、説得力があったオススメ関連本を紹介します。現代社会の実状を知るには良い本だと思います。

希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く Book 希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く

著者:山田 昌弘
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

中でも、近代教育システム(筆者はパイプライン・システムと述べる)のモデル図がこの本のキモでしょう。思わず納得してしまいました。。笑ってられません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 4日 (土)

岡崎朋美選手

トリノでは、スピートスケートの岡崎朋美に頑張ってほしいですね。努力家ですし、最近は好調の模様。注目です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

おかげさまで

家族心理.comへのアクセスが2万を超えました。こんなに沢山の方に見ていただいていると思うと、とても嬉しいですね。その反面、責任も重大ですが。。

もちろん、僕だけの力ではなく、生田先生や他の多くのスタッフ、ガチンコ大学院予備校講師の松井先生、齋藤先生の協力があってこそのものです。

今後とも「家族心理.com」をよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

松本孝弘 「華」

夕食を食べ過ぎてマッタリしながら書いております。こんなときにリラックスできるオススメのアルバムを紹介したいと思います。それは・・・松本孝弘の「華」です。

華 Music

アーティスト:松本孝弘
販売元:バーミリオンレコード
発売日:2002/02/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ご存知、B'z松本孝弘のソロアルバムです。インストゥルメンタル全12曲で構成されています。このアルバムを一言で表すならばズバリ「和」です。松本の繊細かつ感情豊かなギターにチェン・ミンの胡弓が絶妙にマッチし、思わず引き込まれてしまいます。まさにケミストリー、職人芸と言ったところでしょうか。一生聴き続けていきたい一枚といっても過言ではないでしょう。

M1:恋歌、M3:華、M5:御堂筋BLUE、M10:ENGAGEDなどがお気に入りですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

更新作業と家族心理・家族療法研究会

今日は研究室での更新作業と家族心理・家族療法研究会でした。生田先生のブログでも述べられていますが、長谷川啓三先生のインタビューを更新しました。長谷川先生の良さ(お人柄も含めて)を引き出せたかどうか少々不安でしたが、結果的に非常に良くまとまったと思います。長谷川先生、大変お忙しい中、本当にありがとうございました。

また、研究会では中山さんがとても面白い論文を発表してくれました。詳細は「論文」をご覧ください。

ソリューション・バンク―ブリーフセラピーの哲学と新展開 Book ソリューション・バンク―ブリーフセラピーの哲学と新展開

著者:長谷川 啓三
販売元:金子書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »