« 音楽療法とIRON MAIDEN | トップページ | DREAM THEATERpart2 »

2006年2月21日 (火)

NHKスペシャル 「気候大異変」

録りためておいた全2回の「気候大変異」を見ました。深刻な温暖化の防止が叫ばれるなか、大変だとは分かっていましたが、こんなにも多様で広範な影響が出てくるとは予想もできませんでした。。

以下、HPからの引用

第1回:「異常気象 地球シュミレーターの警告」

「去年、米国史上最悪の被害をもたらした巨大ハリケーン・カトリーナ。地球温暖化が原因ではないかと考えられている。将来、温暖化は人類に何をもたらすのか。世界屈指の計算速度を誇る日本のスーパーコンピューター「地球シミュレータ」は、私たちの未来に横たわる危機を子細に予測している。百年後、世界のCO2濃度は倍増し、気温は最大4.2度上昇する。東京は奄美大島付近の気温になり、真夏日の日数は100日以上に増加。正月は紅葉の真っ盛り・・・。気温の上昇は世界中で熱波による死者の増加という突然の災害をもたらす。一昨年、ヨーロッパに3万人を超える死者をもたらした熱波は、まさにその予兆だったと考えられている。さらに温暖化は、極端な気象災害をもたらす。台風やハリケーンなどの熱帯低気圧は巨大化する。カトリーナ級の台風が本州を襲い、暴風による被害が激増。
 異常気象に翻弄(ほんろう)される現在の世界をルポしながら、「地球シミュレータ」の詳細な計算結果をもとに、コンピューターグラフィクスを駆使し百年後の地球の姿を映像化する。」

特筆すべきは、そのシュミレーターの予測精度の高さ。過去の気象状況と比較した映像には、台風の発生地域・規模ともにほぼ正確に予測していました。カトリーナ級の台風が本州に上陸したらひとたまりもないでしょう。

第2回:「環境の崩壊が止まらない」

「去年、スペインと南米アマゾンを数十年ぶりの記録的な干ばつが襲った。「地球シミュレータ」の計算によれば、これは未来の地球の姿の予兆である。百年後、地中海沿岸では耕地の乾燥化が進み、アマゾンにはアラビア半島の面積を超える広大な砂漠が出現するという。第2回は、今後百年間に予測される、温暖化による生態系と人類への影響を探る。
温暖化は、世界の食料事情を激変させる。日本では、北海道で稲の収量が増加するが、他の地域では減少するため全体では10%の減収となる。リンゴの生産適地は本州から北海道へと移動し、西日本の太平洋側で生産されるミカンは、本州内陸部と日本海側で作られるようになる。また、死をもたらす熱帯病のデング熱が徐々に拡大してきているが、百年後には九州南部や米国南部が感染危険地域に入る。海面上昇が進めば、今世紀末には2億6千万もの人々が環境難民になる可能性がある。こうした悲劇を避けるには、どうすればよいのか。シミュレーションによれば、温室効果ガスの排出量を2050年に世界全体で50%削減しなければならない。果たしてそれは可能なのだろうか。」

温暖化による深刻な事態には、デング熱を始めとする感染症の拡大、海面の上昇が引きこすとされる環境難民の出現、そのことに起因しうる紛争の激化などなど。問題が山積。

温室効果ガスの削減のための京都議定書にはまだ、最大の排出国であるアメリカが同意せず、開発途上国からの反発も。

温暖化を扱った番組としては、とても良質な番組だったと思います。

ブログExchange

|

« 音楽療法とIRON MAIDEN | トップページ | DREAM THEATERpart2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37918/789532

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル 「気候大異変」:

« 音楽療法とIRON MAIDEN | トップページ | DREAM THEATERpart2 »