« 大学院入学 | トップページ | スティーブ・ハリスの歴史 »

2006年4月 6日 (木)

何度聴いても・・・

Iw_1イメージズ・アンド・ワーズ/ドリーム・シアター』(1992)

やはり、名盤(神盤)と呼ばれるものは何度聴いても気持ちがいいものです。DREAM THEATERの作品はどれも素晴らしいのですが、この作品は別格ですね。ラブリエの美しいヴォーカルと各メンバーの卓越したテクニックから生み出される曲は、まるでどれも1つの映画のように深く心を揺さぶります。プログレッシヴメタルの傑作!!

  1. Pull Me Under
  2. Another Day
  3. Take The Time
  4. Surrounded
  5. Metropolis - Part I
    "The Miracle And The Sleeper"
  6. Under A Glass Moon
  7. Wait For Sleep
  8. Learning To Live

ブログランキングに参加中!「ポチ」っとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキングへ ブログランキング

|

« 大学院入学 | トップページ | スティーブ・ハリスの歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37918/1313948

この記事へのトラックバック一覧です: 何度聴いても・・・:

» WHEN DREAM AND DAY UNITE [Welcome to Kochou's space]
When dream and day unite - DREAM THEATER  アメリカのmusician's musicianといわれる超実力派バンドのファーストアルバム。  この上の3人はボストンのバークリー・スクール・オブ・ミュージック(つまり音楽学部)で学んだ超インテリ。  この、ケビンはジョン・ぺトルーシやジョン・ミュングの高校時代の友人らしく、この方もまたフレドニア・スクール・オブ・ミュージックで�... [続きを読む]

受信: 2006年4月13日 (木) 01時19分

« 大学院入学 | トップページ | スティーブ・ハリスの歴史 »