« 大学院生であること | トップページ | 大学の先輩の結婚パーティー »

2006年10月 7日 (土)

脳科学からの視点

Nokagaku 最近、ブログを2,3日更新しないでいると、何かモヤモヤするので(もちろんサイトの更新も気になりますが)、これから読む予定のお勧め書籍の紹介をしましょう。

『メンタルクリニックの脳科学』

  • 単行本: 276ページ
  • 出版社: 勁草書房 (2005/07)
  • ASIN: 4326199393
  • サイズ (cm): 19 x 13
  • おすすめ度: カスタマーレビュー数:1 (カスタマーレビューを書く)
  • Amazon.co.jp ランキング: 本で169,119位
    (Amazon.co.jp でビジネス拡大のチャンス: 詳しくはこちら)
  • 今期、ゼミで挙げられた参考図書の1冊。気分障害、PTSD、統合失調症を脳科学研究の観点から分析、まとめています。脳科学および神経心理学の視点は、今後の心理臨床実践に必要不可欠になってくると思うので、じっくりと読みこなして最新の知見を得ようと思っております。

    |

    « 大学院生であること | トップページ | 大学の先輩の結婚パーティー »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37918/3729423

    この記事へのトラックバック一覧です: 脳科学からの視点:

    « 大学院生であること | トップページ | 大学の先輩の結婚パーティー »