« 院生室にて、その2 | トップページ | METAL DIVA降臨!FULL METAL FAMILY First Live!! »

2006年10月21日 (土)

母マーガレット・ミード強し。

Ca320038 昨日は、武蔵野大学生田研究室にて、来年、6月に開催される日本家族療法学会の際に、来日なさるメアリー・キャサリン・ベイトソン女史の招聘プロジェクト会議でした。

主な内容はというと・・・メアリー・キャサリン著「娘の眼」からの読書会。メンバーそれぞれが担当の章をまとめ、発表していくというもの。

マーガレット・ミードとグレゴリー・ベイトソンの間に産まれたメアリー・キャサリンですが、育児/教育、その他もろもろ、母マーガレットの影響が非常に強いという印象。

マーガレットがグレゴリーよりも3歳上ということと、当時から有名な研究者であったマーガレットが無名に近かったグレゴリーをある意味、「養っていた」という構図からなのでしょうか。

ともあれ、今後のマーガレット、そしてメアリー・キャサリンに注目です。

あ、本件とは無関係ですが、上の画像は、同じM1親友のT君です(笑)

|

« 院生室にて、その2 | トップページ | METAL DIVA降臨!FULL METAL FAMILY First Live!! »

コメント

あ、この人懐かしいww

投稿: あすか | 2006年10月21日 (土) 23時04分

>あすかさん
本人はシュワルツネガーになりきっているらしい。革ジャンはカッコイイけど。。

投稿: green | 2006年10月22日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37918/3906216

この記事へのトラックバック一覧です: 母マーガレット・ミード強し。:

« 院生室にて、その2 | トップページ | METAL DIVA降臨!FULL METAL FAMILY First Live!! »