« 戦略的心理療法 | トップページ | 脳科学からの視点 »

2006年10月 5日 (木)

大学院生であること

Ca320040 毎日、様々な刺激を受け、充実していますが、ぐお腹が減る。

そんなわけで、空き時間には院生室に置いてあるお菓子類を皆でバリバリ食べながら、お茶を飲むという、いわばティータイムを楽しんでいるわけです(笑)

さて、先日、日本カウンセリング学会に入会いたしまして、早速、学会誌が届きました(それと並行して日本家族心理学会にも)。

また、家族心理学会からはニュースレターが届きまして、先日、「家族心理.com」管理代表者である生田先生のご紹介で投稿させていただいた、僕の原稿が載っておりました(汗)

自分の稚拙な文章を眺めつつ、しみじみ「自分は大学院生なんだな~」などと、ふと考えてしまいました。

学校が始まり、早、1週間。なかなかエンジンがかからなかったのですが、ようやく燃料満タン。

さてと・・・そろそろ出発しますか!

|

« 戦略的心理療法 | トップページ | 脳科学からの視点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37918/3703219

この記事へのトラックバック一覧です: 大学院生であること:

« 戦略的心理療法 | トップページ | 脳科学からの視点 »