« 逆説技法のメカニズム | トップページ | 中間発表終了! »

2006年11月13日 (月)

ミルトン・エリクソンが残したもの。

4931199755 無事、戦略的家族療法の発表を終えました。

本日の発表については何度かブログに書いています。というのも、「家族心理.com」のメインスタッフとして携わっている関係上、自分としては「より具体的で分かりやすい発表を」とかなり前から、意気込んで(心配して)いました(笑)

戦略派の発表となると、Jヘイリーなのですが、やはり彼に多大なる影響を与えたM.エリクソンを抜きにしては語れません。当然、発表では、ほぼエリクソンの紹介に終始しました。

なんといっても、彼のクライエントに対する考え方・姿勢にとても共感できるから。

有名な「すきっ歯の女性」の事例や彼のクライエントに対するポジティブかつ柔軟な姿勢、そしてユーティライゼーションの精神を感情を込めて、余すところなく伝えられたと思います。

それが伝わったのか、先生からは「拠り所(目標)となる人物に出会えてよかったですね」と、そして仲間からは「暖かな気分になった」等と言われ、とても嬉しかったですね!

ますます、エリクソンが好きになりました。

さあ、次は中間発表だ!

|

« 逆説技法のメカニズム | トップページ | 中間発表終了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37918/4176591

この記事へのトラックバック一覧です: ミルトン・エリクソンが残したもの。:

» free stories porn fast [free stories porn fast]
free stories porn fast [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 06時19分

« 逆説技法のメカニズム | トップページ | 中間発表終了! »