« 愛燦燦 | トップページ | 修論提出日 »

2007年1月10日 (水)

エンカウンター合宿 会話分析

Crogers 手元にある手帳を見ながら、今年はおそらく今までの学生生活の中で最も忙しくなると、そして、果たしてやり遂げられるのかというちょっとした不安を感じてしまいました(汗)

そういうわけで、早速、今年一発目の困難(というか作業量の多い)冬休みレポート、エンカウンター合宿の会話分析を感傷に浸りながら遂行中です(笑)

といっても、まだ3分の1も終わっていません(というのも、頑張って文字起こしをしたファイルがクラッシュするという悲劇に見舞われたということもありますが・・・)

ともあれ、改めて会話を振り返ってみると、だんだんと深い自己開示が促進されメンバー間の心理的距離が近くなってくプロセスの中での「感情の共有」、「共感」というものをより深く理解することができてきますね。

|

« 愛燦燦 | トップページ | 修論提出日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37918/4879480

この記事へのトラックバック一覧です: エンカウンター合宿 会話分析:

« 愛燦燦 | トップページ | 修論提出日 »