« 修論提出日 | トップページ | リフレイミング、コンプリメント »

2007年1月17日 (水)

「Family Life and Science-地震・雷・家事・老後-」

Mcb2 以前からちょくちょくお伝えしてきましたが、大会HPも開設されたことですし、ここで、改めて告知したいと思います。

日本家族心理学会 第24回大会in東京が立正大学にて開催されます!

なんといっても本大会の目玉は、メアリー・キャサリン・ベイトソン女史の大会記念講演とシンポジウム!

僕ら「家族心理.com」スタッフもシンポジウムの1つを担当させていただいております。

○大会記念講演

創造と原点回帰:ベイトソン理論と家族療法の発展が紡ぎだす新たな相互作用」   
   講 師:メアリー・キャサリン・ベイトソン
   司 会:長谷川 啓三(東北大学)
  通 訳:大澤 智子(兵庫県こころのケアセンター)

   日  時 : 616日(土) 10:00~12:00
   会  場 : 立正大学大崎校舎 石橋湛山講堂

○大会企画シンポジウム

「日本における高齢化の家族システムへの影響」

話題提供者:平木 典子(跡見女子学園)

秋山 弘子(東京大学)

指定討論者:メアリー・キャサリン・ベイトソン

司 会 :亀口 憲治(東京大学)

通 訳 :大澤 智子(兵庫県こころのケアセンター)

○準備委員会企画シンポジウム

「少子化問題、解決への提言」

演 者:柏木 惠子(文京学院大学)

野末 武義(明治学院大学)
若島 孔文(立正大学、第24回大会準備委員会代表)

司 会:楡木 満生(立正大学、第24回大会準備委員会委員長)

|

« 修論提出日 | トップページ | リフレイミング、コンプリメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37918/4970269

この記事へのトラックバック一覧です: 「Family Life and Science-地震・雷・家事・老後-」:

» とうとう値上げです!! [このはの”ちょっと”イイはなし]
主婦の方へ [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 09時53分

« 修論提出日 | トップページ | リフレイミング、コンプリメント »