« 「Family Life and Science-地震・雷・家事・老後-」 | トップページ | 5年後の自分を考える »

2007年1月21日 (日)

リフレイミング、コンプリメント

Henka 最近、面接のロールプレイ、電話相談などに参加させていただいている中で、特に実感していること、それはリフレイミングとコンプリメントです。

リフレイミングとは、クライエントの否定的認知の枠組み(見方)を肯定的なものに変化させること。そしてコンプリメントとは賞賛と訳されるように、相手の労を労いそれを認め褒めることと言えるでしょう。

どちらの技法も面接場面ではよく使われるものですが、家族療法においては、特に重視されています。

まず、率直にリフレイミングというものを考えてみると、それまでクライエントの中での否定的認知(例えば、「何をやるにも時間がかかってしまう」)を肯定的認知(例えば「一つのことをじっくり考えてやることができる」)へと見方を変えるヒントを与えることで、クライエントにちょこっとだけでも、今までとは違う肯定的なものの見方に変わるというのはなんとなく分かっていただけると思います。

なかなか、文章で表すのが難しいですが、リフレイミングを受けた時に感じるのは「確かに、言われてみればそうだよな~、うんうん」という感覚ですね。「キミ上手いこというね~」なんてこころの中で思ったりします(笑い) 実際、カウンセラー役でのロールプレイでも、リフレイミング後のクライエントの表情が気持ち明るくなるのがわかります。

次に、コンプリメント。やはり、まず面接において、心身ともに大変な状況の中、面接に来ていただいた労を労うことは、特に重要と考えており、毎回必ず言うようにしています。ただ、表面的なコンプリメントはクライエントに不信感を抱かせてしまうことになりうるため、注意が必要ですが、エンカウンターのおかげか、共感という意味では、今のところほぼうまくいくやれていることが多いです。クライエントの訴えが重いほど、こちらもそれを切に感じますしね。

なんとなく、感じたことをそのまま文章にしたので、まとまり感がなくなってしまいましたが、こうやって、自分の気持ちを書き留めておくことも重要かなと(笑い)

|

« 「Family Life and Science-地震・雷・家事・老後-」 | トップページ | 5年後の自分を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37918/5027440

この記事へのトラックバック一覧です: リフレイミング、コンプリメント:

« 「Family Life and Science-地震・雷・家事・老後-」 | トップページ | 5年後の自分を考える »